NEWS
2017年8月3日

永年に渡り住みやすさを追求する住宅に欠かせいない『気密性能』。

『気密性能』とは、目には見えない家の隙間の事。

隙間が少なければ少ないほど住みやすい住宅が実現できます。
(平成11年の次世代省エネ基準では、神奈川県は5c㎡/㎡未満、これは1㎡あたり5c㎡という事)

今回、当社上平塚分譲地内のZEH住宅は住みやすさにこだわり、その『気密性能』を重要視しました。

今回目指す『気密性能』は1c㎡/㎡未満(これは1㎡あたり1c㎡という事)

その証明に気密の測定を実施しました。(当社のこの仕様の建物は全棟の気密測定をします)

下記写真のような仰々しい装置を設置し、測定しました。

自分達も初めての試みなので正直ドキドキしていました。

装置を動かし約5分後・・・数値が出ました。
『0.51』
一発で目標の1c㎡/㎡未満をクリアどころか、測定士も驚く数値!

「今までの測定で、一発でこの数値はなかなか出ないです。大工さんが相当厳密に施工したという事でしょう」

と、心強い言葉を頂きました。一安心です。

そんな『気密性能』の重要性がわかる、そして体感できるイベントを
今週8月5日(土)・6日(日)に開催します。
見どころは・・・
①「約60帖あるこの建物を、8~10帖用エアコンで、どれだけ冷やせるか!?」
②「気密の重要性がわかるショートセミナー(土日各2回開催)」

こんな機会は少ないです。ぜひご来場下さい。

NEWS