COLUMN コラム

レモンホームの家づくりコラム

「いくら借りられて、支払うの?」資金計画相談会も開催中

news

こんにちは、レモンホームです。


マイホームを手に入れようと思ったら、夢がふくらむ一方で、資金をどうするかは大きな悩み。多くの人が、預貯金などの自己資金から頭金を捻出し、残りは住宅ローンでまかなうわけですが、住宅ローンをいくら借りられるかは、購入予算を左右する重要なポイントになります。


具体的に年収がいくらあれば住宅ローンをいくら借りられるかは、借りる人の状況や金融機関の審査基準によって異なりますが、一般的には年間の返済額が年収の25%以内であれば安全度が高いと言われています。

この年収に占める年間返済額の割合のことを「返済負担率」と呼びます。


【フラット35】の場合は収入基準が明確に決められていて、年収400万円以上の人は総返済負担率が35%以内となっています。


そこで、返済負担率35%で実際に試算してみると、年収600万円として年間返済額の上限は「600万円×35%=210万円」です。これを毎月返済額に換算すると、「210万円÷12カ月=17万5000円」になります。月々の支払いとしてはやや重いと感じるかもしれません。


返済負担率25%ではどうでしょう。同じく年収600万円とすると年間返済額の上限は「600万円×25%=150万円」、毎月返済額は「150万円÷12カ月=12万5000円」です。この返済額なら無理なく返せるという人も多いでしょう。


ではこの返済負担でいくらの住宅ローンが借りられるのでしょうか。借入可能額を計算するには毎月返済額のほかに金利と返済期間が必要です。そこで金利を1.40%、返済期間を35年として計算すると、12万5000円の毎月返済額で借りられる額は約4140万円になります。

同じように金利1.40%、返済期間35年として、年収と返済負担率から借入可能額を計算したのが下の早見表です。例えば年収800万円、返済負担率25%とすると、両者が交差する欄の「5530万円」が、借りられる額の目安になります。この金額に頭金を加えた額が、購入できる予算となるわけです。

news

これらの数字はあくまで参考です。

お一人お一人の状況によって変わってきますので、自分の場合はどうなのか、もう少し詳しく検討のための相談をしてみませんか?


【資金計画無料相談会】を開催中!

開催日時   2023年9月2日~12月24日(土日祝)

開催エリア  平塚市


家づくりをこれから考える方、家づくりを考え始めた方、いくらまでの土地を購入できて、いくらまでの建物を建てられるのか分からず不安な方、いくらまで借りられていくら支払いをするのか知りたい方、資金計画や住宅ローンのご相談を頂ける「資金計画無料相談会」を開催いたします。

ご相談は大人数ではなく個別に担当者がご希望やご状況を伺いながら、お客様のご不安を1つずつ解決していきますので安心してご相談ください。

また、より詳しい資金計画や生涯設計をご希望の方には当社指定のファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も受け付けておりますのでお気軽にお声掛けください。(※FP相談は要事前予約)


▼相談会の詳細・ご予約は下記のページをご確認ください。

https://lemonhome.co.jp/event/financing-plan_2023.9-10

マイホーム購入の第一歩は資金計画から。この機会を、ぜひご利用ください。

columnist

閉じる
閉じる