NEWS
2018年11月30日

「好きな具材で巻きまき&無病息災」

2020年も始まり令和初のお正月を迎えました。
今年も私は自分の実家へ帰省し
家族そろってお正月を過ごすことができました。

私の生徒さんも、年末におせち料理について話たり
お雑煮についても学んだため
年初めのレッスンで、食べたかな~?と聞いたところ
去年お雑煮って知らない!
おせち料理知らない!
食べたこともない!と言っていた子たちは
みんな食べたよ!と手をあげて教えてくれました。

子どもの食育では事前告知がとても大事だなと
私自身も再確認させていただきました!

さて2月は「節分」という
子どもの楽しみなイベントが待っています。
今回は節分についてお話します。

<好きな具材で巻きまき&無病息災>
 ① 節分って何?
 ② 恵方巻っていつから始まった行事?
 ③ 成長に応じた具材で楽しく食べよう!
 ④ 食べた後は、豆まきで鬼はそと!

 

①節分って何?

2月3日は節分の日。
雑節(特別な暦日のこと)の1つで季節の始まり日で
(立春、立夏、立秋、立冬)立春の前日の日を指します。

一般的な食行事としては
恵方巻を食べたり、豆まきをして
無病息災や、商売繁盛を願ったり等する行事です。

また、柊の枝にイワシの頭をさし、魔除けとして飾ります。

お祭りとしては各地域様々な鬼が出てくる
お祭りなどもあり楽しいですね!
私の出身である豊橋では「鬼まつり」というお祭りがあり
白い粉とタンキリ飴を鬼がまき散らし
その粉をかぶりタンキリ飴を食べると厄除けになり
夏病みしないとも言われています!

地元の友人たちは、汚れてもいい服で参加していますよ!

 

② 恵方巻っていつから始まった行事?

恵方巻という言葉が世間一般的になったのは
実は1998年に全国的に広がり
2000年以降に急速に広まり、関東でも広がりました。

主に具材は7種類いれて
商売繁盛や、無病息災を願って七福神にたとえ
福を巻き込むと意味付けされているそうです。

太巻きを食べるというのは大阪発祥の風習で
丸被り寿司と呼ばれていました。
私の父は大阪出身で、私が子どものころ
節分では手巻き寿司を食べる日でした!

我が家ではいつも手巻き寿司で
1つ目の手巻きは好きな具材を載せて巻き込み
その年の方角を向いて、願い事を心に思い浮かべ
無言でそれを食べるということをして育ってきました。

太巻きは子ども達には量も多く
残してしまう可能性もあります。
手巻きですと、好きな具材を選ぶワクワクや
自分でまく作業が手先の練習にもなり
作ったものに愛着もわき
楽しいイベントになるのではないでしょうか?

以前海苔が苦手というお子様がいらっしゃいました。
そういう場合はベジシートという、野菜でできたシートや
ライスペーパーなどを使用してはいかがでしょうか?

私が思う食育の大切なポイントは、

・その日が何の日か?
・何を食べるのか?
・なぜそれを行うのか?

をお子様に楽しく教えていただけるとよいかと思います。

形にこだわりすぎず
できる範囲のことを行うことが一番大切だと思います。

 

③ 成長に応じた具材で楽しく食べよう!

ではどんなものが、お子様に向いているのか?

恵方巻では、生ものを巻き込んであることも多く
ウナギ等縁起の良い食べ物等もありますが
小さなお子様にとってウナギは、小骨が気になるところ…

また、年齢によっても
海苔を上手に噛み切れるか?等心配な面もあります。
海苔は、等級分けされていて
より上質のものは噛み切りやすいです。

しかし、スーパーで安い大量に入ったものは
等級的には低い場合があり
お寿司等で使うと湿気をすって噛み切れない状態になり
小さなお子様はのどを詰める危険性もあります。

おにぎりを握って海苔をつけたはいいけど
海苔が噛み切れず、 指圧でおにぎりの形が崩れてしまう
なんて経験はないでしょうか?

そんな場合は100円ショップで海苔パンチという
海苔に細かい穴を沢山あけてくれる機材がありますので
是非探してみてくださいね!

海苔に穴を沢山あけてから使ってあげると
とても食べやすくなり崩れることも少ないのでお勧めです!

そして具材ですが、
卵焼き、しいたけの含め煮、きゅうり
桜でんぶ、かにかまなどがおすすめです。

それ以外にも、納豆や、ブロッコリースプラウト
生ものが食べられる子はサーモンや、マグロ等もいいですね!

なんでも巻くのが楽しい時期なので
お子様が好きなお野菜や
おさかななどを用意してあげるといいと思います。
ツナマヨだったり、しらすだったりもいいですよね!

今年の方角は「西南西」です!

 

④ 食べた後は、豆まきで鬼はそと!

食後はお待ちかねのお豆きをしましょう!

ここ最近は炒った大豆が個包装になっているものもありますので
個包装のまま、投げられて後片付けもしやすくなりました。
また、落花生での豆まきもおすすめです!

豆をまくのは、無病息災を祈る意味があり
邪気を払う意味が込められています。

家の窓やドアを開けて
「鬼は外!」「福は内!」と言いながら
投げて福を呼び込みましょう!

3歳未満のお子様は大豆や、落花生などは
のどに詰まらせる危険性があるため
避けるようにしましょう。

3歳以上の子も食べるときは一気に食べず
水分と一緒によく噛んで食べるようにしてくださいね!
注意喚起が消費者庁HPに掲載されていますので
ご覧になってください。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/child/project_001/mail/20180131/

 


大人の為の時短料理教室C’C-HOUSE
青空キッチン平塚スクール
管理栄養士 成松千紘
https://ameblo.jp/n-chippy-n/


 

お問合せ・資料請求はこちら
NEWS